【とのあさイチゴ農園の厳選いちご】
糖度と酸味のバランスが抜群!
宝石のように見た目も美しい苺“古都華”

古都華とは…

古都華は奈良県のオリジナル品種ということもあり、他府県の利用許諾が出ておらず、一般的に苗の販売も行われておりません。さらに収穫量があすかルビーの60%~と非常に少なく希少価値が高く手に入りにくいというプレミアム感も人気のひとつの理由です。見ての通り、果実はルビー色で果皮には光沢があり、糖度と酸度が高く濃厚な味わいで、香りが強いのが特徴の品種です。

古都華の3つの特徴

平均糖度15度のスイートな品種「古都華」食べた瞬間に口いっぱいに甘みが広がります。

平均糖度12~15度と一般的ないちごより甘い古都華。やさしい酸味もあり、より甘さが際立っています。中には画像のように甘い古都華も存在します!さらに、その味わいを引き立たせているのが味の濃さです。どこを食べても水っぽさのない、濃厚果汁が楽しめます。

ルビーのような真紅の深みが特徴的でその美しさはまさに宝石。大切な方へのプレゼントにピッタリ!

果皮は濃いルビー色。全体的にツヤがあり、宝石のように美しい表情を見せてくれます。果肉は大粒でしっかりした歯ごたえが特徴です。毎日いちごの状態を確認して収穫しますので完熟の厳選いちごをあなたの元へお届けします。

ギリギリまで熟してるものを収穫「一番美味しい状態」で召し上がりください。

食べた瞬間に口いっぱいに甘みが広がる味わいは、お年寄りから子どもまで、どなたにも喜ばれます!

いちご農家への挑戦

元々、いちごが大好きで全国のいちごを取り寄せて食べることが趣味で、いちごのシーズンになるといっぱい食べていました。また、いちごのシーズンには毎週のように奈良県だけでなく他府県のいちご農園にまで直接食べに行ったりするほどのいちご好きでした!

きっかけはコロナでした…

そんな彼女の前職は靴屋さんで勤めていましたが、コロナウイルスの影響で閉店することが決まり、いつかは挑戦したいと考えていた、いちご農家になることに本気で向き合うきっかけになりました。いちご好きのいちご好きのために美味しいいちごを作りたいという気持ちから「とのあさイチゴ農園」をスタートしました。代表の殿村さんは1日も休むことなく早朝から夕方までいちごと向き合い日々、管理をしています。

365日24時間、徹底管理

ハウス内の環境管理用センサーを導入し、24時間外出先からもハウス内の状態を確認、管理している他、自動換気システムや炭酸ガス発生装置などを導入することで、苗の病気などを抑え、より高品質ないちごの栽培を行うことができます。

奈良県知事賞を受賞しました!

2022年12月26日に第50回橿原市立毛品評会にて“とのあさイチゴ農園”が「奈良県知事賞」を受賞させていただきまいた。現在は奈良県橿原市の代表として奈良県の立毛品評会にとのあさイチゴ農園「古都華」の出品しています。結果は1月中旬に発表されますので、活動レポートにて報告させていただきます。

Instagram